部門のご紹介

看護部

当院は「愛し愛される病院」を理念として地域に根ざした医療を目指しています。患者さんの多くは脳血管疾患や骨折などによる後遺症をかかえて転院してきます。
急性期病院での治療により生命の危機は脱したものの、ご自宅に帰るのは心身ともに大きな不安や困難をかかえています。

当院はリハビリテーション専門病院として、病気になって失いかけた自信を回復し、残された機能を最大限に発揮し、より「自分らしく」生活していく方法を見つけ出すために、各専門職がチームを組み、それぞれの役割を発揮し連携しています。
看護師が患者さんの24時間の生活を見守ることができる強みがあります。生活を見守ることで患者さん一人一人の異なった不安や困難を明らかにし、各専門職種につなげるコーディネーターの役割を果たします。

患者さんが「ここに入院してよかった」と笑顔で退院される病院です。やりがいのある職場です。

看護部理念

「リハビリテーション看護の専門性を追求し患者・家族の望む生活を支援します。」

方針

  • 回復期リハビリテーション看護を実践します
  • 安全で快適な療養環境を提供します
  • 専門職としての技術向上のための教育を行います

看護体制

モジュール型 継続受け持ち方式

  • 1人3名程度の患者を受け持ち、入院から退院までの調整や相談に応じます。
    各モジュールには互いにサポートする体制があるので受け持ちNsが1人で悩みを抱え込む心配がありません。

病棟紹介

2階病棟

kango02

2階病棟はとても明るく、スタッフ同士なんでも言い合えるフレンドリーな病棟です。看護方式はモジュールプライマリー制で、担当を中心に患者さんが今後何をしたいのかを確認し、退院した後の生活に患者さんやご家族が困らないように、患者さんのために何ができるかを多職種間で話し合い、チームメンバー同士協力しながら日々の看護・介護を実践しています。退院後訪問も行っており、入院中とは違う退院後の患者様の活き活きとした様子が確認でき、看護・介護の充実感を味わうことができます。今年度は認知症専門療法士を中心に認知症ケアプロジェクトを立ち上げました。まだ立ち上がったばかりですが、大人気のプロジェクトです。また、ワークライフバランスの実践のためスタッフの勤務形態は様々ですが、お互いがお互いのことを思いやり、協力し合いながら働ける病棟です。楽しい仲間と一緒に働いてみませんか?

3階病棟

kango03

当病棟では看護師15名・准看護師5名・介護福祉士5名・看護助手1名の計26名で業務にあたっています。平均経験年数は、 年であり、スタッフの経験も豊富です。 当病棟の売りは「スタッフが元気であり、経験豊富なスタッフがいること」です。元気に挨拶をして、笑顔で患者と話しているところを見るとホッコリした気分になります。 患者・家族とのコミュニケーションから自宅退院に向けた情報交換をもとに、いかに自宅でどのような生活ができるかを、想定して、リハビリスタッフと意見交換しながらチームで関わり、患者の能力に合わせて快適な自宅生活が送れるように支援しています。その中で、私たちが一番気を付けていることは「患者・家族の希望に寄り添っているか」です。入院後、早い段階で患者・家族に「退院してからのやりたいこと」を聴き、退院後の余暇活動が可能になる努力もしています。 また、今年から、外出時に患者・家族の不安が無いようにスタッフが外出訓練に同行する事を計画しています。更に、外出前に家族を対象に車いすに慣れるための体験も行っていく予定です。新しいことにチャレンジして「患者・家族の希望に近づける諦めない看護・介護」を実践しています。時には飲みニケーションも行い、スタッフの団結・モチベーションアップも図っています。こんな私たちと一緒に働いてみませんか?

4階病棟

kango04

4階病棟は「まずはやってみよう」のチャレンジ精神が強く、とても明るい雰囲気の病棟です。「入院中・退院後の生活が、 患者さん・ご家族のニーズにより近づけられるように」を目標に様々なプロジェクト・委員会を活用し多様なプランを提供で きるよう実践しております。患者さん・ご家族の思いを少しでも叶える事で、「ここに入院して良かった」や退院後の元気な姿を見せて頂ける喜びは何者にも変えられません。それが、仕事に対するやる気・元気・勇気に繋がり励まされています。

NST・摂食嚥下チームの紹介

当院は、摂食嚥下障害患者さんのリハビリテーションを積極的におこなっています。NST・摂食嚥下チームのメンバーは、リハビリテーション科医師・言語聴覚士20名(うち摂食機能療法専従1名)・シーティングチームの理学療法士と作業療法士・病棟リンクナース・管理栄養士で構成されています。リハビリテーション科の医師2名が常勤しており、いつでも嚥下機能検査が実施可能です。

言語聴覚士のスクリーニング検査から始まり、嚥下内視鏡検査や、必要な患者さんには嚥下造影検査で評価し、検査結果をもとに、摂食嚥下障害専従言語聴覚士・管理栄養士・病棟看護師と嚥下カンファレンスを実施し(必要時、理学療法士・作業療法士も参加)患者さんに合せた治療方針を検討し、計画を立てて訓練をおこない、機能改善・能力回復を目標にアプローチしています。

胃瘻や経鼻胃管の患者さんにつきましては、摂食機能療法に加えて経口摂取回復加算の施設基準を取得しており、より早くより安全に経口摂取ができるようにより手厚いリハビリテーションの実施をおこなっております。

また、NST・摂食嚥下ラウンドを実施しています。週に1回各病棟へ昼食時間に摂食嚥下チームで行き、食事の姿勢やテーブルの高さ、上肢機能や食具の使い方、喫食の程度や誤嚥徴候の有無などを観察します。それと同時にNSTの視点から、低栄養や褥瘡のある患者さんや肥満の方などの栄養についても検討しています。検討した内容は、各職種で情報共有ができるようにシステムを整えています。

kango07

教育体制

クリニカルラダーのレベルに応じた教育計画を作成し実施しています。基本的な技術研修から脳卒中看護や家族看護、心理支援などリハビリテーション看護の専門分野までレベルに応じて行っています。また看護協会主催の研修や回復期リハビリテーション協議会主催の研修に参加してもらい知識・技術の習得を目指してもらいます。
また、グループ病院間を研修できる『交換留学研修制度』があります。特に新卒者には急性期病院で学んでもらう機会をつくっています。

ユニホーム

当院の白衣は、ERスタイルを採用しています。「カッコかわいい」と評判で、今迄の白衣に感じる威圧感や、冷たさ、恐怖感を緩和しています。患者さんがリラックスして診療やリハビリテーションを受けられるナースウェアです。着る人自身の楽しさが患者さんに伝わって、病院の雰囲気も一層明るくなっています。

お問い合わせはこちら
お問い合わせ先
048-442-1116(代表)