部門のご紹介

診療部

我々診療部は、説明と同意に基づいて安全で安心な医療の提供に努めています。
各病棟に担当医を専従に配置しておりますので、患者さんの全身状態管理及びリハビリテーションの進捗を定期的にカンファレンスしチームリーダーとして責任をもって担当しております。
また、整形外科、皮膚科の医師が非常勤として勤務しております。歯科は提携施設から、定期的に来院しております。
さらに、隣接する戸田中央総合病院には専門的な診療や状態が安定しない場合の診療を依頼しております。

診療の基本方針

基本方針

  • 人を”み”る医療の実践
  • 医学的と社会的リハビリテーションの十分な提供
  • 合併症のコントロールとQOLの向上

実行方法

  • 脳卒中や骨折等の為に日常生活で介助や介護が必要となった患者さんに、ご自宅や社会へ戻ることを目標として、集中的にリハビリを行う
    (1) 外来は行わず、入院患者を対象としリハビリテーションを実施する
    (2) 実施するリハビリテーション
    • 脳血管疾患等リハビリテーション
    • 運動器リハビリテーション
    • 摂食、嚥下リハビリテーション
  • クリティカルパスを導入し、早期より計画的にリハビリテーションを実施する
  • 自宅退院を目指し、スムーズな家庭復帰、職場復帰ができるように、患者さんに即した退院指導を行う
  • 引き続き、地域医療施設での継続したリハビリテーションを受けられる患者さんには、情報提供書を作成し、送付する
  • チーム医療の実践
    (1) 院内各種委員会の開催
    (2) 病棟主体のリハビリテーションを実施
    (3) カンファレンスの開催

リハビリテーション医学について

リハビリテーションという言葉

リハビリテーション(rehabilitation)という言葉は、再びという意味を表すre-という接頭辞と、ラテン語のhabilitare(適合させる)という言葉がくっついてできたもので復職、復権、名誉回復というような意味をもっています。
現在リハビリテーションはリハまたはリハビリと略され、世間一般に知られるようになっています。しかしその真の意味や内容を正しく理解している人は少なく、一般的にはただ単に訓練をするという意味で使われたり、せいぜい社会復帰という意味で理解されていることが多いですが、リハビリテーションとはより広く、より深い内容を含んだものなのです。

リハビリテーション医学と3つの障害

当院では脳卒中などの病気やけがで骨折した後に障がいが残っている人が多いです。私たちが行っているのはリハビリテーション医学と言って対象疾患は脳卒中、脊髄損傷、骨関節疾患、切断、呼吸器疾患、循環器疾患、その他を対象としています。そしてこれらの病気やけがで生じた障がいに対してのアプローチをしています。
しかしここで障がいは3つあるということを知ってもらいたく思います。機能障がい、能力障がいそして社会的不利と言われているものです。これら3つの障がいに対してアプローチしているのです。

  • 例えば脳卒中で半身麻痺(片麻痺)がおきることが多いですが、これを機能障がいimpairmentと呼びます。運動障がいや言語障がい、失認・失 行などの高次脳機能障がい、呼吸器障がい、循環器障がいなどの障がいはこの機能障がいに入ります。
  • 次にこうした機能障がいがあるために歩けない、服を着られないなどの障がいがでます。これを能力障がい disabilityと言います。
  • さらに家屋に段差があったりするのは障がい者にとっては不利な状況です。これを社会的不利 handicap と言います。

3つの障害に対するアプローチ

  • 機能障がいに対するアプローチ
    運動機能の改善すなわち麻痺の回復やその他の運動機能の回復促進、合併症の予防や治療などの治療的アプローチが行われます。
  • 能力低下に対するアプローチ
    残存機能を最大限活用し、各種動作の能力向上を図り、義肢や装具、車椅子、自助具などの適切な利用により、個人としての能力を高める、代償的・適応的なアプローチが行われます。
  • 社会的不利に対するアプローチ
    以上2つのアプローチで獲得された能力を実際の生活の場で生かすためには家族など的な環境整備、家屋など物的な環境整備が必要であります。障がい者が環境に合わせる のではなく、障がい者に環境を合わせるという考え方が必要です。こうすることによりリハビリテーションの効果をいっそう高めることができるわけです。

そしてこれらのアプローチは医師、看護師、介護福祉士、理学療法士、作業療法士、言語聴覚士、ソーシャル・ワーカー、さらには栄養士や義肢装具士も交えたチームで行われているのが最大の特徴なのです。

guide_18

障害の受容

リハビリテーションを受ける側にとって最も重要なことは障がいの受容です。これは決してあきらめることではないです。障がいというものは完全に取り除かれるわけではないので、その現実を認めた上で、どのようにしたら一番良いのかを患者さん自身で考えられるようになることです。
例えば、脳卒中による右片麻痺で利き手が障がいされた場合、左手を交換 すれば字を書いたり、箸を使ったりが可能になります。このためには左手の訓練が必要ですが、患者さんが悪い右手がいずれ回復すると思っていれば、左手の訓練の必要性を認めず、何故良いほうの左手を訓練し、悪い右手の訓練をやらないのかという不満となります。しかし、右手は少しは回復するが利き手として使うことは難しいということを患者さんが理解できれば訓練は軌道に乗り、新たな利き手を獲得できるのです。
障がいを受容することは容易ではなく、その過程には時間を要します。患者さんは病気、それに引き続く障がいという大きなショックを受けているので、早くそれから立ち直り、冷静な判断ができるようリハビリテーションチームとして患者さんと十分な対話をもち、信頼関係を築き、心配や不安をできるだけ和らげ、心理的、精神的な支援を行い、受容を促していかなければならないと考えています。

お問い合わせはこちら
お問い合わせ先
048-442-1116(代表)